読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然治癒力

田舎の社畜が西へ東へ船出する

狐面完成

コスプレ

気がついたらあと二週間です。なんてこったい。

ここにきてメイクが迷走し始めました。なかなかどうしてうまくいかない。

 

そしてここで追い打ちを掛けるようにヒスイが再醒進化します。

 

 

 

 

†┏┛墓┗┓†

 

ヒスイハロウィンならもってるんですけどね…………今月は……もう……

 

 

 

さて、そんな話はいいんだ。

怪盗団の狐野郎の小道具最終回です。

 

f:id:shizentiyuryoku:20161109223701j:plain

 

前回切り刻んだお面に色鉛筆で下書きをしてみました。

描いてみて思ったけどもう少しつり目でも良かったですね。まぁでも機能はしてるので今回はこのままで。

 

うっすら下書きしたらその上から絵の具で濃くしてみました。

ここで問題なのは私の家には油絵具しかないということです。

まじで喜多川祐介じゃん。

高校時代に買わされたものがそのまま残ってました。捨てるにももったいなくて……かといって二度と使わないけど。

しかし今日ばかりは大活躍でした。

 

f:id:shizentiyuryoku:20161109224208j:plain

 

パレットはノート。

赤は二色あったのですが、こっちしか開かなかったので君に決めた。

 

ここで問題が起きたのですが、筆がもう使い物にならなかった。

それはもう絶対に揃わない筆先。ヤンキーかよ。教師系ドラマの問題児クラスを彷彿させます。

 

とはいえ、油絵具しかない我が家にはこいつに頑張ってもらうしかない。tっていうか私が頑張るしかない。

 

 

f:id:shizentiyuryoku:20161109224539j:plain

 

f:id:shizentiyuryoku:20161109225112j:plain

 

どうも美術2です。

なんというか、仕事柄、片方作ったらコピペしたくなる。

Ctrlとcを探しちゃう。たまにzも押したくなる。そんなものウチにはなかった。

 

まぁ…まぁ…なんとか。それっぽく放ったんじゃないでしょうか!!!これが私の限界だ!!!!!うん!!!!

 

よし。これで芸術家に関しては一通り揃った…かな。

 

あとは顔という名のキャンバスに喜多川祐介を描ければ…。

 

 

お了い。