午前5時の寝言

夢と現と西へ東へ

海賊王に俺は会う

今年も行きます。

ワンピースプレミアショー。
 
 
 
 発端は去年の夏。
友人二人とUSJに行きました。
目的はジャンプコラボでドラゴンボールとワンピースがなんかやってるから行こうぜ的なそんな感じだった気がします。
その頃はプレミアショーの名前だけは知ってました。
記憶は曖昧ですがプレミアショーが開催されることが決定した時ジャンプにカラーページで乗っていたような気がします。
たしか瀬戸康史がルフィの格好してたような…
テニミュ沼に落ちていたので一部の無名な俳優名には敏感。
 
それをみて、「ワンピースは二次元だからいいんじゃ」と
わけのわからない強がりで無視した覚えがあります。
やんちゃだった。
 
そんなわけで、去年、うわさには聞いていたプレミアショーも行けたら行こうぜ的なノリでいたら友人がチケットを取ってくださいました。ありがたや。
 
で、まぁ面白くないわけがなくて。
食わず嫌いはよくないね。
 
しかもちょどGOLDの公開もあってそれに伴ったストーリーで
映画見てから見れたので3倍くらい楽しめた気がする。
もちろん原作で活躍してるやつらみんな出てくる大盤振る舞い。
そしてこれまでの悪役というか敵が全放出。
ファンとして出血覚悟のショーでした。
 
最後はGOLDの衣装で一味が登場して
ナミさんとハイタッチというか、手に触れてしまった。
は~~~~~~最高~~~~~
 
 
 
しかしながら、一つ残念なことがありまして、
正面から見れなかったのでショーの一部演出がまったくわからなかったという話です。
もちろん、後から思いつきだったのでリサーチもしておらず、当たり前の結果ですけどね。
趣味でたまに舞台鑑賞をするので、席の争奪戦がいかに重要かはよく知っています。
その戦いに参加していない輩が、兵士たちと対等な待遇を受けられるわけがないのです。
 
同時にサンジの会場レストランというショーも開催されていますが
要予約制。
何が起きたかは語るまでもないですね。
 
 
そういうわけで、今年こそは真ん中でショーを見る。
そしてサンジくんのレストランに行く。
 
 
こうして私は兵士となった・・・。
 
 

(チケ争奪戦の話)

(オチはないし役に立たない) 

 

 

公式サイトからの予約が開始される日。
プレミアショーは12時、サンレス(サンジの海賊レストラン)は15時開戦。
普通に平日なので業務をこなしつつ、ユニバーサル会員を登録し、ログイン状態のブラウザを立ち上げっぱなしにしておきました。SEはいいぞ。
(これは偶然ですが、これがのちに神風となることを汐崎はまだ知らない)
 
そしてお昼休みと同時にブラウザから接続してみました。
 
おおおおお戦じゃーーーー!!
 
…と意気込んでみたものの、ちょっと重いくらいですんなりと接続されました。
拍子抜け。
拍子抜けと緊張が入り混じっていたのでこっから記憶が曖昧ですが
最初は席種から選ぶを選択して席を仮押さえしたと思います。
もちろんS1シートで。
金でものを言わせるのが社会人。
初めての争奪戦だったので仕組みがよくわからないですが、おそらく空いているS1シートをランダムに仮押さえしてくれるようで。
出た結果はFブロックの前方のほう。
 
この席はいいのだろうか……?
でもこれが取れなかったら去年みたいなことに…?
 
ぐるぐると不安が渦巻きながら、席種から選ぶ以外にも選び方があったような…と
一か八か、別ウィンドウで一個前を立ち上げてみました。
サイトによっては複数のウィンドウで開くと古いほうのセッションが切れて仮押さえがなくなることも考えつつ…
で、やはり第二の選択肢、ブロックから選ぶがありました。
もしかするとここで弾かれるかもしれない……………と思いながら恐る恐るクリックしてみました。
 
 
 
……え、選べる!選べるぞ!!ブロックから席が!!!!
 
 
結果、Iブロックの席を取ることができました。ど真ん中!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
歓喜して退社をキメた。
(午後振半休)
 
そして15時です。サンジです。さんじだけに。
しかしここで苦戦を強いられました。大惨事。
強いたというより完全に出遅れました。
USJ会員選考予約のどこで躓くか、それが一番の問題で、
チケットを確保するまではいいですが、
ログインができない。ログイン画面ではじかれる。
たとえ入力できたとしても認証する前にタイムアウトする。
なるほど…敵はここにいたんだ…。
 
会員系の争奪戦はあらかじめログインしておくことが鉄則だと学びました。我々は賢いので。
 
 
まぁ結局プレショの日のお昼の会で取れたけどね!!!!!!!!
我々は戦いに勝利したのだ!!!!!!!!!!!!!!
 
 
 
 
そんなわけでとても楽しみです。
 
 
お了い。